江田島市に住む外国人のことを知っていますか?

江田島市にとってなくてはならない存在である外国人市民と共に、安心して暮らせるマチ作りのため、すべての市民に対して広く門戸を開け、いつでもだれでも参加できる場所とします。実施しているクラブ活動は参加者の「個」の希望と目的に、最大限に寄り添いながら、ゆるやかに連携していく形を目指します。

みんなで交流

江田島市に住む様々な国籍の人々と一緒に交流ができます。

個々に合わせて

参加者の希望を聞きながら、個々に合わせた居場所作りをしています。

文化に触れる

学ぶだけでなく、日本の文化や風習などにも触れるチャンスです。



これまでの活動


平成28年4月23日~平成29年12月末時点まで

開催回数:16回

参加人数:外国人延べ134人(平均8.4人)、日本人延べ127人(平均7.9人)

国籍別:フィリピン66人、ベトナム35人、バングラデシュ10人、アメリカ6人、ミャンマー、中国、インドネシア、他

 

通常学習の他、特別体験として七夕、スポーツ大会での出張教室、年賀状作成、精進料理体験、書初めなどを行いました。


開催日程


平成30年(2018年)

4月15日(日)~第1・第3日曜
順次ご案内します。

 

4月15日(日):通常活動

5月6日(日):通常活動

5月20日(日):江田島市危機管理課×日本語クラブコラボ/第1回「サイレンが鳴ったら・・」

6月3日(日):通常活動

6月17日(日):通常活動


場所・時間・費用など


●ゆめタウン江田島店 文化教室

(1階トイレの近く)

 

●午後1時30分~3時30分

 

●費用:無料

 

●いつでも誰でも参加できます

 

「出入り自由」
時間の途中での参加、退出可能です。

「子どもさんも一緒に」
お子さまを連れての参加も大歓迎です。


お知らせ・活動報告


本日は参加者が最近にしては少なく、

ゆったりと落ち着いた活動ができました。

昨年から始めた当クラブなので、江田島市の外国人市民の状況がまだつかめていませんが、昨年度は5、6月~10月くらいまで帰国する人が多く見られました。同様の事態が起こりつつあるのか・・・または・・・・・・(続きを読む




日本語クラブについて


文化庁推奨事業

文化庁の”「生活者としての外国人」のための日本語教育事業”、「地域日本語教育スタートアッププログラム」採択事業として、本クラブは運営されています。

運営スタッフ

江田島市・市民生活部人権推進課が主催となり、アドバイザー3名、コーディネーター5名、日本語ボランティアにより運営されています。

江田島市国際友好ボランティア

江田島市国際友好ボランティア(EIF)。クラブ内に、「交流スペース」としてお茶、お菓子コーナーを設置。リラックスして学べる雰囲気を作っています。